馬の骨をかじれ

はやく人間になりた〜い

泣き落としやんか

ごきげんよう。あたしです。

 

本日、決着。

かねてよりズルズルと水を吸ったわかめのような卒業研究を引きずっていた私ですが、今日学校へ提出、おそらく単位取得。

 

やった………………。

 

と言ってもまた建設的な話し合いなどろくすっぽできず、むしろ最悪の結果になった。

時勢による自粛で全く大学に通わず人に合わず、元気いっぱいメンタル回復したつもりでいた私。学長先生に質問され大号泣。

おれはなんだ?

泣いて泣いてホンマそれだけ。結局自分はなにをやったのか?やってきたのか?わからない。

黒澤明の映画「生きる」の渡辺さんが頭に浮かぶ。

 

大号泣した時点で学長先生はもう完全に呆れはて口数が減った。代わりに隣の教授がめちゃめちゃ優しくなる。私の通訳か?というぐらい喋ってくれていた。クソ情けなくて仕方がなかった。

「卒業研究を通してなにを得たの?」

なにも得ていない。結局学校に、先生にやれと言われたからやっていただけ、学校との相性が悪すぎるのになんで大学まで来ちゃったん?

 

話し合いが終わりグズグズにも関わらず

「じゃあこれで卒業認定にしますね」

気を使われ諦められた。

 

 

ただの泣き落としやんか……。

 

 

 

 

 

 

これは美大生ぽいやんギャハハ!いうて作ったら唯一褒められた表紙ページ。

f:id:umanohonekazilefff:20200807000744j:image

え…?